館内施設-常設展示室

常設展示室 Free

原画の息づかいを伝えつつ、常に変化し続ける

常設展示室には、1本のブナの木が立っています。これは美術館運営の象徴となる大樹であり、マンガに夢中になった子供の頃を思い起こさせる心象風景でもあります。そのシンボルツリーを取り囲むように2階へと続くスロープには、誰もが知るあの名作や名シーンの原画が展示され、その息づかいを間近で体感することができます。

スロープギャラリーと2階の展示室を合わせた常設展示は74名分ですが、100名を超える収蔵作家の原画を定期的に入れ替えるなど、訪れるたびに新たな出会いや発見が生まれる機会を創出していきます。まんが美術館が目指すのは「完成形のない美術館」。アントニオ・ガウディの建築をイメージした、曲線のスロープが続く展示室の造形は、「変化し続ける」という意思を表現しています。

館内情報
(1)総合案内・カウンター
(2)マンガ文化展示室
(3)常設展示室
(4)マンガの蔵
(5)マンガライブラリー
(6)名台詞ロード
(7)マンガカフェ
(8)ミュージアムショップ
(9)ワークショップルーム
(10)コンベンションホール
有料スペース
(11)特別展示室