2015年10月25日
横手やきそば四天王「藤春食堂」がまんが美術館に屋台を出店しました。
そこへ料理漫画家三人衆、倉田よしみ先生、土山しげる先生、うえやまとち先生が
「マンガやきそば」をひっさげ勝手に戦いを挑んで・・・
はたしてどんなやきそばが出来上がったのか・・・?
どうぞご覧ください。


10月25日午前

まんが美術館玄関前広場にはテントが組まれ、
横手やきそば四天王「藤春食堂」さんが
準備を始めていました。
11時の販売開始直後にこの行列!
さすが四天王!!
藤春食堂の様子を偵察しているうえやまとち先生。
テーブルの上にはやきそばにのせる目玉焼きが
たくさん作られています。
出来上がった横手やきそばが
とぶように売れていきます。
なんておいしそう!!
そうこうしているうちに「マンガやきそば」のほうも
準備が整った様子。
こちらもたくさんの行列が。
やきそばのメイン食材がこちら。
シュウマイ(奥)
ニラ(右)
キンカンと呼ばれる鳥のモツ(中央)
いぶりがっこ(左)
めんたいこ(手前)
さて、どんな味に仕上がるのか・・・?
大量のキャベツを炒める土山しげる先生。
土山先生の隣でお肉を炒めるうえやま先生。
守備は上々?
いよいよ味付け。
使うのは、焼き肉のたれとウスターソースとのこと。
少しずつ味を調整します。
たくさんの麺と具材を倉田よしみ先生と
うえやま先生が二人がかりでかきまぜます。
大人数の料理をするのは大変そうです。
マンガやきそばも遂に完成!
立ちのぼる湯気がなんともおいしそう!!
こちらが完成したやきそばのひとつ
「めんたいことキンカンやきそば」

このほかにも「シュウマイ豚バラやきそば」
「めんたいことニラとキンカンやきそば」
「全部入れカタやきそば」
いろいろバリエーションがあったもよう。
この中ではカタやきそばが一番おいしかった
とのこと。


サイン会が始まるまで休憩・・・


午後3時
サイン会が始まります。
先生がたのあいさつに次いで、
やきそば対決についての感想を
話していただきました。
今回のサイン会は、
まっさらな色紙に先生がた各々ワンキャラクターと
サインを描いていただきました。
なんて贅沢!!
更に色まで塗ってくださるサービスっぷり!
とても丁寧に仕上げてくださいました。
先生がたの真剣な姿に
ファンの方々も見入っていました。
うえやま先生は持参の色鉛筆で着色。
なかなか見ることのない作業風景です。
おっと!
土山先生が「クッキングパパ」の荒岩さんを?!
なんとレアな色紙でしょうか。


倉田先生、土山先生、うえやま先生、やきそば対決とサイン会お疲れ様でした。
屋台を出店してくださいました藤春食堂の皆様、ありがとうございました。
そして、ご参加くださいました皆様ありがとうございました。