Multilingual お問合せ

【終了】シンポジウム「マンガ原画アーカイブセンター(仮)の創設に向けて」開催について

平成30年度文化庁メディア芸術連携促進事業連携共同事業「マンガ原画に関するアーカイブ(収集、整理・保存・利活用)および拠点形成の推進」の一環として、一般参加型シンポジウム「マンガ原画アーカイブセンター(仮)の創設に向けて」が開催されます。
近年、マンガの〈原画〉(生原稿)の価値に注目が集まりつつありますが、京都精華大学国際マンガ研究センターではこれまで、全国のマンガ関連文化施設等と連携しながら、マンガ原画のアーカイブの実践と議論を重ねてきました。
この事業ではまた、そうしたアーカイブに関する問い合わせ窓口として、今年5月にリニューアルする「横手市増田まんが美術館」に、「マンガ原画アーカイブセンター(仮)」の併設を目指しています。

シンポジウムでは、この「アーカイブセンター」の実現に向け、その可能性や問題点などについて議論します。議論の具体的な素材は、同事業に参加したマンガ関連文化施設等による、原画アーカイブの実践報告です。また、東洋美術学校には、保存科学の観点から、紙やペンなどのマンガ画材を化学的に調査・分析した結果を発表してもらいます。

開催日時:2019年2月3日(日)
第1部=10:00~12:00/第2部=13:00~15:00
会場:横手市ふれあいセンター かまくら館2階 多目的ホール(秋田県横手市)
料金:無料(先着100名)
出演者:〈第1部 研究報告〉
ヤマダトモコ(明治大学 米沢嘉博記念図書館)
表智之(北九州市漫画ミュージアム)
倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム)
原正人(一般財団法人パピエ(谷口ジロー版権管理団体))
小野慎之介(東洋美術学校)
〈第2部 シンポジウム〉
大石卓(横手市増田まんが美術館)
吉村和真(京都精華大学マンガ学部)
日高利泰(京都大学大学院人間・環境学研究科)
[司会]
イトウユウ(京都精華大学国際マンガ研究センター)
主催:文化庁/京都精華大学国際マンガ研究センター